Skip to content

美容整形は元に戻るのか戻らないのか

美容整形手術を受けた場合、手術のあとにやっぱり元の顔に戻したいと思うケースも少なくありません。そんな時は元に戻るのか戻らないかをよく確認してから美容整形手術を受けるのがおすすめです。例えば二重まぶたにしたい場合、埋没法と呼ばれる手術ならば糸でまぶたの一部分を縫いとめるだけなので、術後に元の状態に戻すことも可能です。しかし皮膚を切開して二重まぶたを形成していたり、目頭を切開して目元を大きくしてしまった場合には元に戻すことはほぼ不可能です。

鼻の手術の場合、シリコンなどのプロテーゼを挿入しているだけならば手術後にある程度元の状態に近づけることは可能です。しかしプロテーゼを挿入した以外に小鼻を切開していたり、鼻の穴の形をメスで整えていたりする場合には元通りにするのは困難です。顔だけでなく、バストやお尻の形を美容整形手術で変化させた場合も、シリコンバッグを挿入しただけならば後々にバッグを取り出せばある程度もとの状態に戻すことが可能ですが、経年劣化や加齢現象による皮膚のたるみなどで自分が望んだ形には戻らないことも多々あります。そのため美容整形手術を受ける時には、自分のコンプレックスを解消するために最適な方法を模索するのと同時に、自分の決意の程を改めて確認しておくと良いでしょう。

まだ少し迷っているような場合は元に戻せるような手術方法の中から治療を開始するのが有効です。絶対に後悔しない自信があるのならば最初からコンプレックスを改善できるがっつりとした手術を選ぶと良いでしょう。池袋でハイフのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です