Skip to content

レチノールでシワを治療

シワ治療の一つにレチノールがあります。これはレチノールの肌のターンオーバーを促進させる効果に目を付けた方法です。肌は外側から角質、真皮、皮下組織と層構造をなしています。最も外側にある角質は外部刺激から肌を守るバリア機能という大事な役割を果たしています。

この角質は28日周期で古い細胞と新しい細胞とが入れ替わっています。これをターンオーバーと呼びます。このターンオーバーの乱れが、シミや乾燥など様々な肌トラブルにつながるのです。レチノールはこのターンオーバーを促進します。

これによって肌細胞が活性化することで、シミが肌上部に押し上げられて垢となって排出されるのはもちろん、肌内部の細胞も活性化するので、肌のハリや弾力をもたらすコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸の生成も活性化するので、シワの解消につながるというのです。レチノールはターンオーバーを活性化して、シワやシミをなかったことにできる成分です。ただ、ターンオーバーを活性化するということはすなわち、皮が剥けるということです。ケガのようにベロンと剥けるわけではなく、日焼のし過ぎの時のような皮の剥け方です。

皮が剥けることで新しい肌が顔を出すのですが、この肌はまだ未熟なので紫外線ケアなどの外部刺激からのケアが重要となってきます。シワをクリームでなかったことにできるレチノール。ターンオーバーを活性化することから、シミなども解消できる優れた治療薬なのです。池袋でハイフのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です