Skip to content

金の糸を使ったシワ治療

年齢肌の悩みの一つのシワ。これがあると5歳は老けて見られることから、どうにか解消したいと願う女性が多いのです。軽度であれば保湿や表情筋のトレーニングなどである程度まで解消しますが、重度である場合、セルフケアでの解消は難しいと言われています。シワの原因は水分量の低下やコラーゲンやエラスチンの減少などです。

これらを根本的に解決するには、美容クリニックで治療を受けることになります。アンチエイジング対策として肌内部に金の糸を入れる方法があります。金というのは金属の中でもアレルギーがほとんどない成分なので、これを肌内部に入れることで、創傷治癒効果でコラーゲン繊維やエラスチンが活発に作られることで、肌にハリや弾力が戻るという方法です。ほうれい線などあまりに深いシワの場合は、効果がないこともありますが、そこまで深くない症状なら、金の糸を入れるだけでアンチエイジングできるのです。

ただ、金とは言っては100%不純物のない金はないので、まれにアレルギーが現れることがあるようです。金の糸を入れた部分がアレルギー反応で赤くなったり、発疹ができたりする可能性もあるのです。入れた金の糸の周りには皮膚組織が形成されているので、抜き取るにはかなり大がかりな手術が必要となります。上手くいかなかった抜き取ればいいやという間違った考えて施術を受けるのはやめたほうがいいでしょう。

金の糸だけではないですが、リスクも伴うことは理解して、施術を受けることです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です