Skip to content

シワとケミカルピーリング治療について

ケミカルピーリングは医療機関でできるもので、酸のパワーを利用して皮膚表面にある角質を除去して行くことで、若い新しい細胞を効率よく形成します。シワを改善していくためにも良い方法で、エステサロンのケア感覚で受けることができます。ニキビができてしまったり、肌にシワができた時にも治すために適した方法となってきているのが、ケミカルピーリングの方法です。シワ等でも比較的まだ浅い状態等には有効で、ピーリングによって酸の力により、肌サイクルを活性化していきます。

このピーリングを行うときに使う酸には種類があり、角質層のわりと薄い部分に作用できる、弱いフルーツ酸をつか荒れることが多くなっています。薬剤である酸を顔などの皮膚に塗布して、皮膚表面に存在する角質細胞間の結合を弱めます。酸は取り扱いには注意が必要ですが、塗布しても角質層の表面を傷つけないで、本当に薄くはがしていくことになります。ケミカルピーリングの治療は、1回で劇的な変化をする方法というわけではないです。

1回でも肌には良い状態を感じやすいですが、肌の改善を目的とするなら、繰り返し施術を行うことになります。古くなった角質を取り除きますから、皮膚の老化はもちろんのこと、毛穴などの悩みにも改善になります。施術としては、5回から6回くらいは、定期的にケアをしていくことで良い肌状態へと導かれていきます。クリニックでの施術は、月に1回から2回を目安にしてみるとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です