Skip to content

たるみ治療に効果的な施術について

頬や顎、まぶたや目の下など加齢とともにたるみが気になるという方は多いです。美容クリニックで行われるたるみ治療には状況に応じて様々な施術があります。主に行われている施術として、高周波やレーザー治療があります。たるんだ部位に高周波やレーザーを照射し、その熱エネルギーによって真皮に働きかけることでたるみの改善が期待できます。

比較的効果が早くあらわれ、またその効果が持続することから人気の施術となっています。具体的には、サーマクール・ウルセラ・フォトRFなどの方法で、たるみの状態に応じて最適な施術を行います。多くの美容クリニックで導入されていますが、それなりの技術も必要になりますので、実績あるクリニックを選ぶことも大切です。また、糸を使ったたるみ治療もあります。

皮膚の下に糸を入れ、たるんだ部分を引き上げることで改善する方法です。メスを使わない施術としてダウンタイムもほぼないことから人気があり、即効性もあることから顔全体のたるみ治療にとても最適です。金の糸、溶けない糸、溶ける糸など呼び名は様々です。そして最も手軽でメジャーなのが注射・注入系です。

ヒアルロン酸やボトックス、コラーゲンなどをたるんだ部位に注射し改善させる方法です。こちらもメスを使わないプチ整形として人気で、費用面でも安価なので気軽に行う方が多い施術です。ただ効果が持続するのが半年~1年程度なので定期的に行う必要があります。このようにたるみ治療一つとっても美容クリニックには様々な施術がありますので、どの方法を選ぶかはカウンセリングなどしっかり行い納得のものを選ぶようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です