Skip to content

たるみ治療にはどのような種類があるのか

男女ともに肌の老化は頭を悩ませる大きな問題です。その中でも肌のたるみは、特に女性にとって非常にデリケートな問題なのではないでしょうか。では肌のたるみを解消するたるみ治療にはどのような種類があるのでしょうか。たるみ治療は大きく分けると3つの種類に分けることができます。

第一に、肌を直接切って行う外科手術を伴うもの。そしてレーザーによるもの。最後に薬品を注入するものです。まずは外科手術です。

外科手術で主要なものの一つには、フェイスリフトと呼ばれる手術があります。これは、こめかみから耳の後ろまでの髪のラインを切開し皮膚を引き上げ、余った皮膚を切り取って縫い上げるというものです。実際に皮膚を切ってシワを解消するため、その効果は長く続くことで知られています。次にレーザーによる治療です。

これは肌のたるんだ箇所にレーザーを照射することで、肌の細胞を活性化させ、たるみを解消するという治療法です。レーザーといっても顔に照射するものですし、脱毛などで使うレーザーとは違って痛みはありません。ですから主要なたるみ治療の方法の中でも比較的安全なものだといえるでしょう。最後に薬品を注入する方法です。

この方法で主要なものはボトックス注入と呼ばれています。ボトックスを皮膚に注入すると、筋肉の動きが緩慢になります。それに伴って表情筋の動きも鈍くなり、結果としてたるみが改善されるのです。さらに肌にハリも出てきますからあらたなたるみの予防にもなります。

ただしボトックス注入の効果は半年ほどと短く、深いたるみでは対処できない場合もありますので注意が必要です。このようにたるみ治療には主に3つの治療法があります。より大きな効果を期待したい場合はフェイスリフト、安全に効果を得たい場合はレーザー治療など、状況に応じて治療法を検討するのがよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です