Skip to content

病院でのたるみ治療

顔のたるみは老けた印象になってしまうため、改善したいという人も多いと思います。こまめにセルフケアをしていても加齢をすればたるんでしまうものです。そんな人におすすめなのが、病院でのたるみ治療です。たるみ治療といってもさまざまな治療方法があるため、自分にあった治療方法で治療していくことができます。

フェイスリフト方法には切開する方法としない方法の二種類があり、切開する方法は耳の前後の輪郭に沿ってメスで切開をして、筋膜を引き上げてたるみの原因となる脂肪を除去します。しない方法は、針を使って皮膚に穴を開けて糸を埋めて皮膚を引き上げるという方法になります。レーザー治療もたるみ治療には有効です。フォトフェイシャルは特殊な光を皮膚に照射することでコラーゲンを生成して肌にハリやツヤ、潤いを取り戻してこじわやたるみ、シミやソバカスなどを改善していきます。

タイタンは、真皮層に集中的に近赤外線を照射して熱エネルギーを加えてコラーゲンを収縮を促進させる方法です。サーマクールは高周波エネルギーを肌に照射してコラーゲンの生成を促します。注射による治療もあり、プラセンタ注射は栄養豊富なプラセンタエキスを直接注入することで細胞の活性化を促す方法で、ヒアルロン酸注射はたるんだ皮膚を内側から持ち上げていきます。そのほかにも施術方法はあるため、メリットとデメリット、料金などをチェックしながら自分に合った方法で治療していくことが良いとされています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です