Skip to content

顔のたるみの原因を知りマッサージで解消する

顔がたるむと実年齢よりも老けて見えてしまうことがあります。パソコンやスマートフォンを見すぎたり口呼吸をしたりといった悪化させる行動をしていないか確認することが大事です。原因は大きく分けて、肌弾力の低下、表情筋や深層筋の衰え、姿勢の悪さ、皮下脂肪の肥大の4つになります。肌弾力の低下は生活習慣から食生活のバランスが悪いと肌に十分な栄養がいきわたらず肌のハリが失われ、また睡眠中に肌が作られることから睡眠も重要になります。

その他の原因では紫外線、乾燥、加齢により肌の弾力が失われていきます。筋力の低下では、皮膚すぐ下にある表情を作る筋肉の表情筋が衰えると、その上にある脂肪や筋肉が支えられなってしまいます。表情筋を支える骨についている深層筋が衰えると表情筋が支えられなくなり肌に栄養が行き渡らなくなります。姿勢の悪さでは、顔の筋肉は頭や首と繋がっているので、猫背のような悪い姿勢では首の後ろ側が縮み首の前部分が伸びるため頬が下方向に引っ張られ、たるみを引き起こします。

さらに顔における脂肪の代謝も悪くなり顎下に脂肪がつきやすくなります。皮下脂肪の肥大では、歳を重ねると代謝機能が衰え体に皮下脂肪を溜め込みやすくなり顔も同様に重力の影響で脂肪が下に向かって落ちるので原因の1つとなります。顔のたるみをマッサージで解消、改善する方法を実践してたるみを防ぎましょう。舌回しマッサージでは、まず口を閉じた状態で舌を右頬から顎、左頬から上唇と円を描くようになぞります。

この時、目も同様に右から下、左から上へと回転させてください。反対回りに舌と目も同様に行ってください。これを3回繰り返します。舌と目を一緒に動かすことで口の筋肉と目の筋肉の両方を刺激することができるのでたるみを解消することができます。

もし舌を回して首筋が痛くなった時は手で首筋をマッサージしてクールダウンさせてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です