• 立体駐車場の種類と特徴

    駐車場は車を置いておくための場所ですが、その種類としては平面駐車場と立体駐車場があります。
    平面駐車場は平地をそのまま利用したもので、更地のような場所から舗装されたもの、またガレージ付きのものまでさまざまです。

    特徴のある立体駐車場の情報ならこちらを参考にしてください。

    平面駐車場は、わかりやすいものですが一方で車1台に対して1台分の広さが必要であり、このため土地に余裕がないような場所では必要な台数分を用意することが困難です。



    そのような問題を解決するのが立体的に駐車スペースを確保した立体駐車場です。
    ひとつに立体駐車場といっても自走式と機械式があります。
    自走式は階層を作り、スロープを設けることで階層を移動できるようにしたものです。

    階層やスロープの配置の違いなどがありますが、基本的には建物内に車を駐車させ移動も車が行うので機械的なメンテナンスが不要といったメリットがあります。

    一方で機械式の場合には何らかの装置を使って車を階層に送り込むものです。

    自走と異なりスロープではなく機械が行うのでスロープの設置スペースが不要というメリットがあり、狭い場所でも多くの車を駐車させることができます。立体駐車場が導入される場所としては地価が高く大規模な平面駐車場を確保できないといったケースのほか商業施設などにおいて駐車場から出入り口を近い場所に持っていきたいケースなどがあります。



    また立体駐車場でも自走式の場合には建物内で駐車した場合に雨に濡れずに車の乗り降りが可能といった特徴もあります。